雪の結晶は、陽が射すとキラキラと輝きます。
その神秘的な美しさを万華鏡で表現したくてサロンを「la neve」と名付けました。
雪の結晶にはいろいろな形があります。
樹の枝のような結晶や針のような結晶、または角板のような結晶など、2つとして同じ結晶はないそうです。
万華鏡もそう、、、2度と同じ場面は巡ってはきません。
私はそのようなことから「一期一会」の世界と想っております。
万華鏡のゆっくり流れていく模様には様々な効果があります。
心を癒したり、ストレスを軽減させるほかにも、視力回復や乱視の矯正、右脳の活性化や認知症予防にもよいと言われております。
「必要なときに必要な人のもとへ届きますように。。。」
万華鏡を手にした方々が心身ともに健やかになれますよう、一期一会の心得をもちまして精一杯努めさせていただきます。

万華鏡セラピスト
河野 由樹子

<一期一会(いちごいちえ)>
茶道の心得を表した語で、どの茶会でも一生に一度のものと心得て、主客ともに誠意を尽くすべきことをいう。

『三省堂新明解四字熟語辞典より』